代車レンタカーシステム:有償で代車の貸渡しが可能になり、整備事業以外での収入機会が増加します。

■システム概要
6つのメリット
顧客へ有償で貸渡しができます。
従来は顧客へ無償で提供していた代車を、有償で貸渡しができるようになります。
整備事業以外の収入機会が増えます。
すべての工場顧客に対してレンタカーの貸渡しが可能となり、整備事業以外での収入機会が増えます。
業務経費の削減効果が期待できます。
自社でレンタカーサービスを開設するのに比べ、初期投資や運用経費負担が少なくて済みます。
「わ」ナンバー料金水準で損保へ主張できます。
事故板金修理の際の代車として、広域レンタカー会社と同等の立場で、損保に対して請求をする事ができます。
業務手続きのサポートが受けられます。
貸渡業務手続き、営業所運営につきましては三菱HCキャピタルオートリースがサポートします。
レンタカー1台から導入できます。
資金・収入に関する緻密な計画は必要なく、試験的に1台から導入することが可能です。
スキーム図